太田ゆかのwiki風経歴とプロフ!結婚は?サファリガイドのクレイジーな野生生活!

Japanese Safari Guide

2023年01月09日の『クレイジージャーニー』の放送で、紹介されている太田ゆかさん。

太田ゆかさんは南アフリカ政府公認でサファリガイドを務めています。

太田ゆかさんがなぜ南アフリカ公認のサファリガイドになれたのか?

どういう経歴の持ち主で今どのような活動をしているのか、結婚しているのか気になりますよね。

今回は太田ゆかさんのwiki風経歴とプロフィール、結婚やサファリガイドの仕事内容、太田ゆかさんの現在の生活や活動内容を詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

太田ゆかのwiki風経歴とプロフ!

太田ゆかさんのプロフィールや経歴を詳しくwiki風にご紹介していきます。

太田ゆかのwiki風プロフィール

名前:太田 ゆか

生年月日:1996年

職業:南アフリカ政府公認 サファリガイド

生まれ:神奈川県横浜市

大学:立教大学 観光学部

南アフリカ共和国政府が公認するサファリガイドを持ち、日本人女性で唯一南アフリカで活動するサファリガイドです。

太田ゆかのwiki風経歴

1996年 神奈川県横浜市に生まれる

小さいころから動物が好きな子供だったそうで、将来は動物関係の仕事に就きたいと思っていたそうです。

当時よく見ていたドキュメンタリー番組で野生のコアラを救出する放送を見たことをきっかけに野生動物の保護に興味を抱いたそうです。

2016年 アフリカのボツワナ共和国に留学

子供の頃の夢である環境を保護に携わりたいという思いから、ボツワナのサバンナ環境保護プロジェクトに参加したそうです。

ここで、サバンナに運命を感じます。

今まで見てきた自然とは違う大自然に魅了されてサバンナで働きたいと強く思ったそうです。

アメリカへの留学が白紙に

留学から帰国後、環境保護をもっと学びたいと思いアメリカに留学する予定でしたが、提出物を出し忘れ派遣留学の資格を破棄されてしまいます。

ここで、いっそのこと南アフリカの訓練学校に行ってしまおうと思ったそうです。

大学を休学し、訓練学校へ

大学を1年休学して、言葉もわからない状態で南アフリカ共和国のサファリガイド訓練学校に入学しました。

そして、1年かけて資格を取得しました。

この時の1年を太田ゆかさんはとても濃厚で濃密な1年だったと語っています。

いざ、アフリカサバンナの大地へ

大学を卒業後、すぐにアフリカへの移住を決意しました。

職場は南アフリカ共和国のクルーガー国立公園です。

クルーガー国立公園(英:Kruger National Park)とは、南アフリカ共和国北東部のリンポポ州とムプマランガ州に跨って存在するアフリカ有数の大きさを有す鳥獣保護区である。19,485平方キロメートル (7,523 sq mi)の面積を有し、南北360キロメートル (220 mi)、東西65キロメートル (40 mi)の幅を有している。

クルーガー国立公園-wiki

ここへ行けば太田ゆかさんに会えるかもしれないですね!

ただとても広いので会えたら奇跡かも!

スポンサーリンク

太田ゆかの結婚は?

様々なSNS、ホームページを探しましたが、太田ゆかさんの結婚に関する情報はありませんでした。

ただ、3年前の24歳の時では名字が『太田』だったのでその時までに結婚していなければ、結婚していない可能性が高いと思われます。

個人的には動物大好きな彼氏さんなり旦那さんと巡り会っていてほしいですね。

情報がわかり次第追記させていただきます。

スポンサーリンク

太田ゆかのサファリガイドクレイジー生活

太田ゆかさんのサファリガイドの仕事は何をやっていて、どんな生活を送っているのでしょうか?

サファリガイドってなに?

サファリガイドってどんな仕事なの?

サファリガイドとはお客さんを自然の中に連れていき、野生の動物を見せてお客さんと野生の動物をつなぐ仕事です。

また、野生動物に囲まれながら環境保護活動も行っています。

サファリガイドになるにはどうすればいいの?

サファリガイドになるためには学歴は関係ありません。
FGASAと呼ばれるサファリガイド協会が定めるサファリガイド資格の訓練を受けて、試験をパスすれば誰でもなれます。
FGASA公式サイト

サファリガイドの仕事って大変?

毎日野生動物に囲まれて生活することができる一方で、孤立した小さい村に住むことが多いので断水や停電など不便な生活は覚悟しないといけないそうです。
また、資格を取ってから就職先を見つけるのも1つ大きな壁となっているそうです。

サファリガイドの生活は?

毎日、朝から晩まで野生動物に囲まれる生活を送っています。

仕事内容は毎日同じように見えても、サバンナでは毎日違うので何がいつ起きるかわからなくハラハラドキドキの毎日を過ごしているそうです。

動物の特定や発見が自信ややりがいにつながるみたいです。

太田さんのInstagram
スポンサーリンク

太田ゆかの現在の活動まとめ

現在太田ゆかさんはサイの絶滅保護活動を行っています。

サイの角は1本2000万以上の高値で取引されることにより、密猟が横行しています。

かつて50万頭以上いたと言われているサイは今では3万頭ほどに減少してしまい絶滅の危機に瀕しています。

そこで太田ゆかさんの保護グループはサイの角切活動始めました。

角のために殺されてしまうサイを守るために、初めから角を切ってしまうそうです。

2021年にはクラウドファンディングを達成しています!

スポンサーリンク

まとめ

サファリガイドという聞きなれない職業にはじめは懐疑的でしたが、調べてみるととても素晴らしい活動をしていました。

思い切ってアフリカへの移住を決めた太田ゆかさんの決断もすごいと思いました。

今後の活躍も期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次