レコードレーベル「dreamusic」と「KSR」がお互い創立20周年の節目に共同で立ち上げる新レーベル「FOLKY HOUSE(読み:フォーキーハウス)」発足することが発表されました。こちらのレーベルからの作品リリースが決定し、レーベルプロデューサーも兼務致します。

ーーー

コロナ禍で音楽業界だけでなく世界中が前代未聞の事態になっている今だからこそ、アーティストの才能を尊重し、とにかくいい音楽を追求して、新たな可能性を生み出すべく発足。さらに、環境に配慮した活動を念頭に置いて、音楽だけでなくフィジカルの制作物にもこだわり、CDパッケージなどはプラスチック0にすることを目指している。

第一弾のアーティストとして、湘南乃風のメンバーとして活躍し、近年では役者や裏方としてもマルチに活動をする”新羅慎二(若旦那)”。今年でデビュー24周年を迎え、TOKYOFM「ディアフレンズ」のパーソナリティとしては10年目、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』では劇中歌を歌う”坂本美雨”。さらにバンド荒川ケンタウロスのギターボーカル“一戸惇平”の作品をリリースすることが決定。多種多様に活動を続けるアーティストが揃った。
新羅慎二は所属アーティストでありながら、レーベルプロデューサーも兼任する。

また、レーベル全体のデザインを本の装丁や活版印刷も手がけるアートディレクターのサイトヲヒデユキ氏が担当し、レーベルやアーティストのイメージを丁寧にデザインに落とし込んでいく。

8月より先行配信を開始して3ヶ月連続リリースを予定しており、各作品に関する詳しい情報はまだ発表されていないが、随時情報解禁されるのとのこと。

尚、新羅慎二は“そろそろ真面目に環境のことを話そう”というコンセプトをもとに、10名の方に自身で取材を行った本「循環」を自費出版。本日よりサステナブルメディア『ELEMINIST』にて先行販売を開始する。レーベルコンセプトに環境に配慮した活動を掲げた思いも感じ取れるので、是非こちらも合わせてチェックして欲しい。

メジャーレーベルとして、多くのヒットアーティストを世に売り出してきた「DREAMUSIC」と日本のクラブシーン、ストリートシーンから数々のアンセムを生み出してきた「KSR」がどの様な化学反応を起こすのか。今後の動きが楽しみな新レーベルの誕生だ。

・Twitter
https://twitter.com/FolkyHouse 
・Instagram 
https://www.instagram.com/folkyhouse